FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

セカイ系とは何か ポスト・エヴァのオタク史

という新書を読んだ感想。

もともとセカイ系という言葉の定義は知っているようで、確たるものを言い当てられないイメージがあった。
ほとんどの人の脳内にある回答は
「主人公(ぼく)とヒロイン(きみ)を中心とした小さな関係性(「きみとぼく」)の問題が、具体的な中間項を挟むことなく、「世界の危機」「この世の終わり」などといった抽象的な大問題に直結する作品群のこと。代表作として新海誠のアニメ「ほしのこえ」、高橋しんのマンガ「最終兵器彼女」、秋山瑞人の小説『イリヤの空、UFOの夏』の3作があげられる。(wikipedia)
という解説であろうが、どうやらこの文章でもセカイ系作品の実態を捉えきれていないらしい。
そもそも、最初にこの単語を生んだぷるにえという人物は、あくまでエヴァっぽい作品にたいしての揶揄を込めて使っていたそうだ。
その後、評論家が雑誌でこの用語を使用することで注目を浴び、様々な意味あいが付加されて来たようだ。
ネット上で生まれた単語である以上、明確な定義が決まることなどないようにも思えるが。
ちなみに、本書の中盤に筆者のまとめた定義が書かれている。
「『新世紀エヴァンゲリオン』の影響を受け、90年代後半からゼロ年代に作られた、巨大ロボットや戦闘美少女、探偵など、オタク文化と親和性の高い要素やジャンルコードを作中に導入したうえで、若者(特に男性)の自意識を描写する作品群。その特徴のひとつとして作中登場人物の独白に『世界』という単語が頻出することから、このように命名された。命名者はウェブサイト『ぷるにえブックマーク』の管理人、ぷるにえ』
というものだ。
ここにいたるまでの、多角的な考察が面白かった。

この書では、オタクの好む一要素に過ぎなかった美少女が、エヴァ以降全面化したとし、エヴァ最終回の学園コメディーパートは「おまえたち、本当は美少女キャラクターさえいればいいんだろ?」という庵野秀明の悪意が、当のエヴァ自身によって現実化してしまった皮肉な事態としている。
そして美少女ゲームのフォーマットとなった『To Heart』
日常世界と幻想的世界の対比、そしてそれらが直結されていく構造から、セカイ系と名指される『Kanon』『Air』の出現を解説している。

萌えとセカイ系を並列的に解説している点については、
萌えも、自意識も、作品を自らの内面にひきつけている点では、同一である。
(中略)
『エヴァ』がもたらしたのはこのような作品受容のベタ化であり、「萌え」と「セカイ系」は、まったく同根の作品受容態度なのだ。
と説明されている。

なにより興味深いのは、この書においても『涼宮ハルヒの憂鬱』をポストエヴァの代表作として紹介していることだ。

「一人語りが激しい」
「きみとぼくと世界の運命の直結」
などの定義に完璧に一致しているからだ。
たしかにキョンほど独白の長い主人公はいまい。
また、『エヴァ』のもたらしたパラダイム・シフト、ふたつの実存的な受容態度、つまり「萌え」と「セカイ系」の両者を統合した作品、ともしている。
私的には流氏がセカイ系を意識して『ハルヒ』を書いたのではないかと考えている。
同氏は2005年に『絶望系閉じられた世界』というストレートに『セカイ』な作品をも著しており、少なくともセカイ系の定義は熟知しているはずである。
まあ、何系であってもハルヒが傑作であることに変わりはないのだが。

その後、現在にいたってM氏の大好物「現代学園異能」がラノベを中心にブレイクしたこと。
そして、我らがオアシス「日常系」「空気系」ブームまでが解説されている。

要するに萌え豚にはいい教養になったってことだな!

セカイ系とは何か ポスト・エヴァのオタク史 (ソフトバンク新書)セカイ系とは何か ポスト・エヴァのオタク史 (ソフトバンク新書)
(2010/02/18)
前島 賢

商品詳細を見る
スポンサーサイト

2010/05/03(月) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

ピザウド

『』

「ふーん、で、君は涼宮ハルヒのキャラで誰が好きなの?」

「オウフwwwいわゆるストレートな質問キタコレですねwww
おっとっとwww拙者『キタコレ』などとついネット用語がwww
まあ拙者の場合ハルヒ好きとは言っても、いわゆるラノベとしてのハルヒでなく
メタSF作品として見ているちょっと変わり者ですのでwwwダン・シモンズの影響がですねwwww
ドプフォwwwついマニアックな知識が出てしまいましたwwwいや失敬失敬www
まあ萌えのメタファーとしての長門は純粋によく書けてるなと賞賛できますがwww
私みたいに一歩引いた見方をするとですねwwwポストエヴァのメタファーと
商業主義のキッチュさを引き継いだキャラとしてのですねwww
朝比奈みくるの文学性はですねwwww
フォカヌポウwww拙者これではまるでオタクみたいwww
拙者はオタクではござらんのでwwwコポォ」

2010/05/04(火) 02:07:20 | URL | [ 編集]

ジョージ

『』

おいwwww
このコピペ貼られたの2回目だぞwwwww

だが今度ばかりは否定できねえ…。

2010/05/04(火) 13:33:11 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://jojicanyon.blog68.fc2.com/tb.php/178-a7675993
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。